【処分方法3選】フィットネスバイクを捨てる・譲る・売る 行動前に!

残念ながら、もうエアロバイクは必要なくなった・・・!

無駄にスペースを占拠されてるし、もう手放したいのだけれど・・・

困った女

でも、一体どうやって処分する・・・・!?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

大きく分けて処分方法は以下の3つに分類でき、それぞれについて説明していきたいと思います。

  • 捨てる
  • 譲る
  • 売る

捨てる

まず思いつくのが「捨てる」です。一番身近で手軽な方法ですね。捨てる方法に関しても、自力でゴミの処分場に持ち込む方法と、自宅前のゴミ置き場で回収してもらう方法2通りがあります。

ゴミ処分場へ持ち込み

自力で処分場まで持ち込むことができれば格安で処分することが可能です!以前住んでいた大分県では、20kgで70円でした。20kgを微妙にオーバーしていたので140円となりますが、それでも格安なのは間違いありません。

参考:http://www.city.oita.oita.jp/o145/kurashi/gomi/1268292854482.html

とにかく、自力で持ち込めば格安です。

ゴミ置き場に指定日に捨てる

こちらが最も一般的かと。

私が住んでいた横浜市では、専用の「粗大ゴミシール」をコンビニで購入し、粗大ゴミ回収指定日に粗大ゴミ本体に貼り付けてゴミ置き場まで持っていきます。

貼りつけるシールには、そのゴミを捨てる人の指名を書く欄があって、個人情報の観点から抵抗がありましたが仕方ありません。その当時は自家用車を持っていなかったので。

譲る

次に、譲る・誰かにあげるという方法。

有名なのは「ジモッティー」という掲示板。名前の通り、各都道府県ごとに欲しい人・譲りたい人を募集し取引する仕組みです。

(恋愛マッチングアプリみたいなものですね。)

無料で譲るだけでなく、有料での譲渡希望として募集を出すことも可能です。事実、エアロバイクの出品は「有料」のものが多いですね。

ジモッティーのメリットは、相手に取りに来たもらえるよう条件設定できることです。これなら、自宅にいながら場合によってはお金ももらえて引き渡せるので、利用してみるのもいいかもしれませんね。

ただし、注意点が!!

完全に個人間取引ですので、何かトラブルがあってもジモッティーの運営元はなんら介入してくれませんので。

法人ではない個人の相手に対し、自分の個人情報を提供する必要もあるので、その点は十分留意ください。

売る

オークションやフリマアプリで売却することが可能です。

メルカリやヤフオク

手軽に出品できるフリマアプリやオークションはおすすめです。基本的に着払いで出品されているケースが多いですね。

課題としては、そのオークションサイトのID登録など会員登録していることが条件だということです。

また、新品時の梱包外装箱がない場合、自分自身でダンボールや梱包を用意する必要があるということ。

そもそもエアロバイクの外装箱なんて、処分せず保管している方が珍しいのでは・・・?

買取

自力でリサイクルショップに持ち込むことができるのであれば、最も簡単に現金化可能で、かつ現金化のスピードも最速です(リサイクルショップとは、ハードオフやセカンドストリートなどが有名ですね)

買取対象のモデルや状態にもよりますが、持ち込む場合1000円〜程度が買取金額の目安となるでしょう。

サービス紹介

ここまでで紹介した方法のいずれかで確実に処分できると思います。手っ取り早く処分するためのサービスを紹介し、本記事を終わりたいと思います。

出張買取

不用品の買取サイトは無数に存在します。私がオススメするのは「出張買取トータル」というサービス。特徴はガラクタがお宝に

  • 全国へ出張買取可能
  • 大型商品の買取が強い
  • 基本的になんでも引き取ってくれる

自力廃棄派の救世主

自家用車をお持ちでない方に、1つご提案です。以下のようなプランはいかがでしょうか・・?

  1. カーシェアリングで数時間単位で車をレンタル
  2. リサイクルショップへ持ち込み、買取してもらう
  3. もし、買取不可であればゴミ処分場へ

 

この手順であれば、必要経費はカーシェアリングの時間単位のレンタルだけ。カレコというカーシェアサービスであれば

  • 10分130円〜
  • 登録料無料
  • 月間利用料も無料

 

車の運転技術が衰えていないか確かめるためにも、一度お試ししてみてはいかがでしょう。