【初心者向け】フィットネスバイクの選び方と目的別オススメ商品

売れ筋や人気でフィットネスバイクを選ぶのであれば・・・!複数のフィットネスバイク関連のWEBサイトを運営する管理人が、アマゾンや楽天で売れている商品をレビューしたいと思います。

スピンバイクとエアロバイクに分けて紹介したいと思います。楽天での売れ筋ランキングでは「フィルタリング機能」が存在しなかったので、アマゾンのランキングを参考に作成しています。

スピンバイクorエアロバイクを決める

まずフィットネスバイクを選ぶ前に知っておきたいこと。それは、フィットネスバイクには大きく分けて2種類あり、それが

  • スピンバイク
  • エアロバイク

 

このどちらの商品がご自身のニーズに合っているか、購入前にきちんと見極める必要があります。

かなりざっくり述べると以下の通りです。

  • 本格トレーニング→→→スピンバイク
  • ダイエットやエクササイズ→→→エアロバイク

 

以下記事で、あなたのニーズ・タイプ別のオススメ商品を順番に紹介していきたいと思います。読み進めていく中で、ご自身に合ったバイクがどちらなのか?

順番に読んでいくことで、少しずつ理解を深めていくことができると思います。

売れ筋の商品で全体像を把握

まず、客観的な支持を得ている「大手ショピングサイト」で売れている商品を見ていきましょう。

以下の売れ筋の人気ランキングを読んだだけでは、「どのバイクが自分にあっているか、スピンバイクなのかエアロバイクなのか?」十分には理解できないと思います。

でもそれで構いません。スピンバイク・エアロバイクの両方の商品の特性を、なんとなく掴んでいただければそれだけでOKです。

スピンバイク編

老舗のアルインコ、金属製品に定評のあるハイガー、新興中国メーカーが売り上げランキングのTOP3に入っています。

第1位:HG-YX-5006ブラック(HAIGE)

これはもう揺るぎない1位です。ハイガー社製の「HG-YX-5006」スピンバイク史上、最も売れている商品といって間違いないでしょう。

スピンバイクの中ではエントリーモデルの位置づけですが、完成度が高く、事実アマゾンレビューでも100件を超える投稿があり、平均点も4点以上をキープしています。

ハイガー産業はスピンバイクだけでなく、農機具や除雪機なども取り扱っているメーカーということもあり、フレーム設計が非常に頑丈なことも魅力。

スピンバイク選びに迷ったら、この1台を買っておけばまず間違いない。というようなモデルです。

第2位:BK1518(ALINCO)

信頼のアルインコから発売されているモデルBK1518。2019年の3月にリリースされた商品で、比較的新しいモデルです。

アルインコは過去にも2種類(BK1500、BK1600)をリリースしていますが、それらの技術を結集したモデルに仕上がっているのではないでしょうか?

フライホイール重量が13kgと重めのスペックなので、ハード目なトレーニングを想定している方にお勧めです。緊急ブレーキを搭載していますが、この機能は正直、お飾り程度のおまけ機能でしょう。

第3位:RELIFEスピンバイク(RELIFE Rebuild Your Life)

こちらも比較的新しめのモデル。2018年の9月に発売された製品です。上記2商品に比べお値段がかなりリーズナブルです。

「商品説明文」や「商品画像」をご覧になるとわかると思いますが、日本語がおかしい部分があります。推測するに中国メーカーの商品でしょう。(まず間違いない)

アマゾンレビューは、現時点(2019/4/4)では高評価が優勢ですが、今後、どう転ぶかわかりません。中国製の商品なので、安かろう悪かろうである可能性も否めませんからね・・・。

正直、私としてはオススメはしません。万一不具合があった場合、処置・やりとりが面倒ですし、処分も手間なので・・・安心の日本メーカーまたはアルインコなどの信頼性・実績のあるメーカーを選んだ方が良いでしょう。

(一応、紹介の為にリンクを貼りますが、購入はどうか慎重に・・・)

エアロバイク編

エアロバイクでは「信頼・安心のアルインコ」&「スピンバイクで有名なハイガー」の2社がランクインしています。

第1位:AF6200(アルインコ)

発売は2007年、ロングセラーを続けている商品です。発売から10年以上経過してなお、ランキングに入ること自体驚きですが、TOPに君臨しているとなると、もはや驚愕です・・・。

なぜこんなにもロングヒットとなっているのか?私が考えるに、シンプルな機能と操作性ではないか?と思います。

負荷調整とシンプルなモニターだけのマシンでトレーニング機能などは搭載されていません。

これが逆に幅広いユーザーから支持されているのではないか?特に年配の方は、機能が多すぎても使いこなせないことがあるので、こういったシンプルなモデルが売れるわけですね。

アマゾンの評価総数も700件に迫る勢いで、平均点も3.9点と、約9割のユーザーは好意的な評価です。

第2位:AFB4309WX(アルインコ)

こちらは折り畳みタイプの商品。2018年の「ベストバイ」を受賞した超売れているモデルです。

折り畳みタイプはライトユーザー向けで、本格トレーニングには向きません。まずは、エアロバイクを始めてみたいけど収納にスペースを占有されたくない。という方にオススメ。

一般的に折り畳みタイプは「強度面」に不安があるケースが少なくないのですが、こちらは非常に頑丈な作りになっています。

壊れにくいと評判で、高評価が多いのも納得です。

第3位:HG-QB-J917B(HAIGE)

スピンバイクで堂々の1位を獲得したハイガー産業から発売されているモデルです。

こちらも折り畳みタイプで、ライトユーザーにオススメしています。ハイガー産業らしく頑丈な作りになっており、これは2位のAFB4309WX(アルインコ)と同じです。

口コミで目立つ内容としては「音が静か」ということですね。マグネット式のバイクは、電磁式よりは音が発生しますが、このバイクは非常に静かだと定評です。

ハイガー産業が、スピンバイクで培った技術をエアロバイクに活かしたモデルだと言えるのではないでしょうか。

4位以降の商品は、ここでは紹介しきれないのでエアロバイクに特化し解説・比較したサイトを紹介します。

参考:【32商品比較】エアロバイクのおすすめと比較。2019年人気ランキング決定!

ダイエット目的にオススメ

次にダイエット目的の方におすすめの商品の紹介です。軽いフィットネスの延長線上にあるので、やはりエアロバイクをオススメしたいと思います。

ながらトレーニング:FlexiSpot V9

タブレット端末やパソコンをしながらエアロバイクフィットネスをしたい方には、デスク付きの商品を購入することをおすすめしています。

デスク付きのモデルは、本体の機能がイマイチだったりデスクの強度に不安があってりと、何かとトラブル付きの商品も多いですが、この商品はそんな心配は一切無用です。

実際に商品を見ていただきたいのですが、この頑丈なテーブルとテーブルを支える支柱。華奢な感じは一切ありませんね?

2018年のCES(世界的な家電ショー)で表彰を受けた商品なので、客観的な信頼性もお墨付きです。

シンプル万能のエントリーモデル:AF6200

再登場のこちらのモデル!アルインコ社のシンプルなエアロバイクです。ペダルの負荷が時間とともに変化する「トレーニングプログラム機能」は付属していませんが、その分、価格設定がかなりリーズナブルです。

初めてエアロバイクを購入する予定だけど、どの商品がいいのかわからない・・・。本当に続けられるか不安、もしかしたら「お蔵入り」するかも・・という不安があるのであれば、まずはこのモデルをオススメしています。

シンプルな機能・操作性と、リーズナブルな価格設定なので、万が一使わなくなったとしても金銭的被害は少ないです。それに、エアロバイクで最も売れている商品なので、中古でもそれなりの価格で売却できますから・・!!

【処分方法3選】フィットネスバイクを捨てる・譲る・売る 行動前に!

1ランク上の機能を求めるなら:AFB7014

さらに充実した機能、滑らかなペダリング具合を求めるのであれば、より上位モデルであるこちらの商品がオススメです。

ポイントは3つ

  • トレーニングプログラム機能付き
  • 電磁負荷方式のバイク
  • 高機能なサイクルメーター

 

トレーニング機能が付属しているのはもちろんのこと、高級モデルでのみ搭載される「電磁負荷方式」の商品で、スポーツジムのエアロバイクんような滑らかなペダリング感覚でフィットネスが可能です。

サイクルメーターも優秀で、消費カロリーや心拍数測定はもちろんのこと、「体力評価」という項目があり、自身のフィットネスが順調に進んでいるか測定でき、客観的に観察することが可能です。

折りたたみコンパクト収納可能:AFB4309WX

こちらのモデルも既に紹介していますが、「折りたたみ+ダイエット」のカテゴリーでは最もオススメの商品です。機能は本ページ上部で紹介しているのでご参照ください。

ダイエットに嬉しい機能としては「背もたれ付き」という点ですね。

背もたれに寄りかかるように座ると、脚の付け根から太ももの裏まで大きな筋肉を鍛えることができます。つまり。基礎代謝を上げることができるわけです。

背もたれにもたれず、通常のエアロバイクのポジションで有酸素運動をすることも可能なので、1台で2通りの使い方ができます。

年配の方にオススメ:AFB4709

年配の方には、シンプルな操作性の商品が良いでしょう。

既にご説明したアルインコ社の「AF6200」、もしくは同社の「AFB4709」が良いでしょう。

AFB4709はとにかく「シンプルさ」を追求したモデルです。見た目も機能も、使い方も全てシンプルで簡単。

サドルの高さ変更なども位置調節もレバー1つで完結し、工具などは一切不要です。全てがシンプルなので、年配の方の運動にオススメしている商品です。

身長が低い方には

ダジャレではありませんが「身長」に関しては「慎重」になった方が良いです!!!

というのも、

  • 身長が高い人は、フレーム(バイクの骨組み)の小さいモデルでもある程度対応できる
  • 一方、身長が低い人は、フレームの大きいモデルだと全くと言っていいほど使い物にならない

 

ですから、特に身長の低い人はフィットネスバイク選びに注意が必要です。低身長の方にオススメしているモデルは、スピンバイク、エアロバイクそれぞれ1商品ずつ紹介します。

スピンバイクなら: ライシンのLSシリーズ(9011N,9002T,2000T)

今売れているモデルです。比較的新しい商品で、製造メーカーもハイガー産業などとは違い「老舗」ではありません。

フレームの作りライディングポジションなど、かなり本格的な仕様ですが、フレーム自体は小さめに設計されています。

身長150cmから使用可能なので(メーカー発表)身長が低い方も安心して使い続けることが可能です。

また、ホイール重量も複数のラインナップがあります。(ボティーカラーもそれぞれ白・黒の2種類アリ)

  • 8kg:LS-9011N
  • 10kg:LS-9002T
  • 15kg:LS-2000T

事実、低身長からOKの商品にはスタイリッシュにかっこよく乗れるモデルは少なく、貴重なモデルだと思います。

エアロバイクなら:AF6200

またまた登場のAF6200です。

こちらのモデルは150〜180cmまで幅広い身長をカバーしています。それでいて、既に説明した通りのシンプルで厳選された機能だけを搭載したモデル。

もう多く語る必要はありません。エントリーモデルとして、とてもオススメです。

妊婦さんの運動不足解消には

間違ってもスピンバイクは選んではいけません。エアロバイクでも背もたれのあるタイプやリカベントタイプ(低床足を伸ばして漕ぐタイプ)を選びましょう・・・!

・・・

・・・

というのが一般的な見解ですが、私は「足だけフィットネスタイプ」をオススメしています。

なぜなら、

  • 一般的なエアロバイクは、お腹に負担がかかる(可能性がある)
  • リカベントタイプは、お値段が高い&広いスペースが必要

 

という理由から私がオススメしているのは、(またまたアルインコ社の製品ですが)「AFB2018K」というモデル。やはり老舗のアルインコは品質が高いです。

一見高齢者の軽い運動用のモデルですが、(事実そうですが・・)裏を返せば、負担が少なく楽に運動できるモデルだということ。

ですから、軽い運動が必要な妊婦さんには最適なモデルだと思うのです。

コンパクトなのでスペースを取ることもないですし、お子さんが生まれてからも隙間時間に使うことができるので、気が付いたら長い期間愛用していたという方も多い商品です。

マラソンやランニングのトレーニングには

一般的に本格的なトレーニングにはスピンバイクの方が適しています。しかし、エアロバイクでも十分強度の高いトレーニングが可能です。

ただし、エアロバイクの上位モデルはかなりお値段が高いというデメリットが・・・!私なりの選ぶ基準は以下の通りです。

  • 強度の高いトレーニングを「比較的リーズナブル」にしたいのであれば→→→スピンバイク
  • 価格が多少高くても、軽いフィットネス〜負荷の強いトレーニングまで幅広く、家族みんなで共有し使いたい→→→エアロバイク

高い負荷トレーニングにオススメは、以下の2商品

スピンバイク:HG-YX-5002

安心のハイガー商品。16kgの重いフライホイールを搭載しているので、強い負荷トレーニングが可能です。オススメの方法は、無酸素のインターバルトレーニングです。

お値段はギリギリ3万円台で、決してリーズナブルとは言えませんが、高強度のトレーニングを実現するには必要な投資だと割り切るしかありません。

エアロバイク:GB50-18

家庭用エアロバイク史上、最強のモデルです。豊富なトレーニング機能を搭載しており、ペダル負荷も家庭用のエアロバイクの中では最強クラスまで強くすることが可能です。

当然、電磁負荷方式を採用しているモデルで、連続使用時間も最大60分と非常に長い。

これ1台でできないことは無いというような最強モデルです。それゆえ、お値段も最強クラスです・・・!最上級を求める方は是非ご検討ください。

マンションにお住まいなら静音性を

アパートやマンションで課題となるのは「音」の問題では無いでしょうか?

でも、ご安心ください。昨今のモデルでは基本的にどの商品も静音性には配慮されています。

スピンバイクとエアロバイクの静音性を敢えて比較した場合だと、スピンバイクの方が静音性に優れるでしょう。

エアロバイクも基本的には静かなのですが、ここでは「より静音性に関して配慮している商品」を紹介したいと思います。

スピンバイクならハイガー製

老舗ハイガー産業の商品が良いでしょう。このメーカーの製品は基本的にどのモデルも静かです。

やはり老舗というだけあり、技術力は確かなものがあります。私自身、同社の「HG-YX-5006」を使用していますが、静音性に関しては「課題なし」という状況です。

【HG-YX-5006画像】

隣の部屋で嫁が使っていても全く気がつかないレベルです。

参考サイトとして、ハイガースピンバイクやスピンバイクメーカーを網羅し、静音性・機能性に関して総合的に考察しているサイトを1つ紹介しておきます。

参考:【25商品比較】スピンバイクの比較とオススメ|人気ランキングの決定版

エアロバイクなら電磁負荷式

エアロバイクであればマグネット式ではなく上位モデルである「電磁負荷方式」を選びましょう。

(電磁負荷式の方が静音性に優れ、よりサイレントなペダリングをすることが可能ですので。)

少しお値段が高めですが、静かであることを重視するのであれば正しい選択です。そこに投資を惜しむのは間違いだと思います。

おすすめは、既にご紹介した「AFB7014」です。「アルインコ社の電磁負荷式エアロバイク」の中でも売れ行きがトップクラスの商品で、口コミでも静音性は抜群だとわかります。